愛車を少しでも高く売るコツを伝授

下取りと買取の違いは?買取してくれる店がおすすめ

下取りと買取は何が違うの?

下取りは今所有している車を、次に買う車の販売店に下取りしてもらう方法で、車を売る相談と買う相談の両方を一度にできることがメリットです。
しかし販売店は少しでも儲けが欲しいために、下取り価格が大きく下がる可能性があるデメリットもあります。

買取は今所有している車を、買取専門業者に査定してもらい買い取ってもらう方法で、次に買う車は関係ないことが特徴です。
買取専門業者はさまざまなメーカーや車種の知識が豊富で、転売するノウハウも持っているため高く買い取ってくれるメリットがあります。

しかも買取専門業者は一社ではなく複数社に査定を依頼して、比較検討することもできるのです。
最も高い査定額を提示する業者に愛車を売ることができる反面、次に買う車は自分で見つけて手配する手間がかかる面も持っています。

下取りは損することも!買取店がおすすめ

下取りと買取ではそれぞれにメリットとデメリットがあり、一長一短だといえますが、少しでも高く愛車を売るという希望を優先するなら、買取の方が断然有利になります。

インターネットの中古車一括査定サービスを利用すると、複数社の買取専門業者に査定を依頼することができ、その中で最も条件の良い業者に売ることができます。
一社だけに下取りさせるのに比べて、多くの情報があって比較検討できる買取は、最悪数万円から20万円ほどの差が出ることもあるのです。

下取りは比較できないことも加えると、買取の方が自宅にいながら一括査定を利用でき比較でき、自分が納得する金額で売ることができます。
下取りは買取に比べて損をする可能性もありますが、買取なら下取りよりは高く売れる可能性があるでしょう。