愛車を少しでも高く売るコツを伝授

愛車は新春と秋が高く売れる!掃除や傷治しはできる範囲でOK

愛車を売るときは維持費など費用を安くするために、車検のタイミングや走行距離が一定距離を超えないうちなど、タイミングを考えて売ることがおすすめです。 車検は車検前と車検後のどちらが良いのか迷いますが、このような不安や疑問も解消するべく解説いたします。

走行距離や車検など愛車を売るタイミングが大事

車は1年の中で売るのに適した時期があります。
1月~3月までの新春と、9月~10月の秋で、この時期は車を買う人が多い時期として知られています。
車の購買意欲が高まる時期の中でも特に3月は、進学や就職、異動の時期でもあり、ほかの月とは比べものにならないほど車を買う人が増加します。

中古車として愛車を売る場合、3月より少し前に売る方が確実に売れる、または買取価格も高まる期待が持てるわけです。
また3月はディーラーや中古車販売店で決算を行う時期のため、売る側は何としてでも売りたいため、新車でも多少安く購入することができます。

3月までに車を売るメリットとして、自動車税の関係が挙げられます。
自動車税は4月1日時点での車の所有者に対して前払いで課せられるので、3月中に売れば自動車税は課せられません。

愛車を高く売るには需要が高まる時期を狙う・課税時期に気を付けるのも重要ですが、現実的に掃除はなるべく自分でしておくことをおすすめします。
掃除と言っても自分でできる範囲でよいのですが、愛車に対する誠意はもちろん、査定にも良い心証を与えます。

鍵穴布巾の擦り傷やステッカーの跡などの小さくて浅い傷は、市販の研磨剤などで消せるのでさっと治しておくと良いでしょう。
板金修理が必要なほどの大きな傷やへこみがある場合は、修理代の方が高くなることもあるのでそのままでOKです。

そのほかバッテリー切れやエンジンオイルが汚れたままの場合は、そのまま査定を受けても大丈夫です。
エンジンがかからない場合も出張査定する業者を選んで、査定を受けるようにしましょう。

下取りと買取の違いは?買取してくれる店がおすすめ

車を売った経験があっても「下取り」と「買取」の違いは分かりにくいものです。 しかしこの違いを理解することが、少しでも高く愛車を売るコツだと言っても過言ではありません。 下取りと買取の違いはどんなものなのか、なぜ買取店がおすすめなのか解説していきます。

純正オプションなど付属品はプラス査定になる

車にはETCやドライブレコーダーなど、あるといいな、便利だなというオプションを装備している車もあります。 このオプションがメーカーの純正品だった場合、その分高く売れる可能性が出てきます。 別のメーカーの製品を装備していても、純正品を残しておけばプラス評価につながります。